インタビュー / Moonboots / Moments In Time

Translation by Rami Suzuki.

マンチェスターでBalearic炎を守り続けているMoonbootsが、初めてのコンピレーションをリリースする。AficionadoパーティやレコードレベルをJason Boardmanと共同創設した彼は、過去にもIs It Balearic? と Music For Dreamsのためにベスト集を作ったことがある。しかし今回は、ひとつのカタログに縛られることない彼自身のセレクションだ。時間とジャンルの切れ目を感じさせず、多様な曲を纏め上げている。この1時間以上の作品を聴いた僕は、落着きの極致にある。挑戦的な(好戦的な?)水平セレクション。ピアノ、弦楽器、モダンクラシカル、鳥の声、チェロがうずく。TropicaliaサンプルがアコースティックなIndieと交わる。色あせた幼児期のを思い出。たそがれのエレクトロニクスとホワイト島のジャズ。ディズニーのテーマソングに隠された核警告。Breakbeats とEasy-Listeningの出会い、ウェールズ民謡のオーケストラとラブソング。タブラとギターの瞑想。ソウルの少年がジャズマスターに変身。オアシスのサイドマン。遠い昔のトランスの星。グラミー賞にノミネートされたECMソロリスト。Carl Orf とThe KLFには脱帽。14曲の内、5曲は今回始めてレコードという媒体に収められ、さらに4曲は過去にリリースされたことがない。このような事実も、Moonbootsが舵を取ったと賞賛されるべきこのコンピレーションの価値を、高めていると思う。

Matt Deighton - Tannis Root

AficionadoではなくてMusic For Dreamsとコンピレーションを出するのは何故?

AficionadoではコンピレーションやアーティストのLPのリリースは考えたことがない。MFDのKennethが18ヶ月前に、今回のアイディアを僕に提案してくれた。彼等はいつもすばらしい音楽を出すから、良いマッチになると思った。

Kennethとの出会いは?知り合ってからどのくらい?

何年も前にEastern Blocで僕が働いていたときが、最初のコンタクトだった。電話で彼にレコードを売っていた。実際に顔を合わせたのはコペンハーゲンを2014年に訪問していたとき。彼はクレイジーな男だ。

今回はMoonbootsの定番を12曲選んでいるわけではない。僕が知る限り、コンピレーションの中で君が頻繁にプレイしてるのは1曲だけだ。目的は?特にコンセプトはあった?コンピレーションの曲選びは難しかった?

僕がよくプレイするのは確かにColoramaだけだ。今回集めた曲の殆どがCDでしか存在しないこと、それからそもそもリリースされていないのが理由だ。去年のJuno’s chartトップ10みたいなBalearicのコンピレーションは作りたくなかった。それが悪いとは思わないけど、今回は面白くて、聴いたことのないやつを選びたかった。かつ、アルバニアのノーズフルートみたいな激レアではなく。

David Darling - Cello Blue

君のセレクションは、辛抱強い観客にとっては宝物だ。ピアノとか弦楽器は、モダンクラシカルとかニューエイジとして片付けられやすいけど、君の選んだ曲からは聴いているうちに特別な世界が開かれる。最初僕は「既に同じような曲持っている」と勘違いした。でも曲の真ん中らへんで頷きはじめて、自然に「エッセンシャル」という言葉が口をついた。どうやってこういう曲を見つけたのか、不思議に思う。そして君は毎日何時間音楽を聴いているのか。「勝者」を見つけるために。

ありがとう。昔は、今より長い時間音楽を聴いていた。昨日は休暇を取って、ネットで何時間もいろんな音楽を掘り起こした。自宅の二階にある「レコード店」からも、美しい発見があった。自らのコレクションには、たまに凄い聴き甲斐を感じる。それから今の仕事場まで僕は1時間歩くのだけど、音楽を聴くにはもってこいだ。音楽は外で聴いたほうがいい。

Ben Morrisの曲は、僕にとって特に印象強い。他の曲よりダウンビートだ。今回のセレクションには、メッセージが込められている?

笑 特にない。多くの曲がメランコリー(もの哀しい)よね。

採用したかったけど使えなかった曲はあった?

いくつか。この問題は、コンピレーションでは避けて通れない。当初はいろんなバージョンのラブソングを組み入れたかったけど、ラベルの対応が遅くて作戦変更。最終的に出来上がったリストには、とても満足している。

Ben Morris - Gissningsleken

僕は最近、レコードをいろんなところから集めたい欲望から目が覚めた。自分のレコードを売ったことはある?レコードを置くスペース、足りている?

A: 本当にさ~。家は結構大きいからラッキー。ギリギリ一部屋に収まっているかな。いつも溢れ出てもいるけど。整頓は苦手だから、永遠に見つけられないレコードを探しているよ。

オンラインのミックスを止めてからかなり久しいけど、Aficionadoや今回のようなコンピレーションで、DJの仕事も増えた?

増えていない。オンラインのミックスには、大きな挫折感を抱いた。大勢の知らない人からブログのためのミックスを要求されて、現代社会の特徴というか、誰もがすべての曲のi-dを求めてきているように見えた。協力しないと怒ったりして。まだミックスは持っている。殆どはテープ。誰のか判らない曲が入っている。全部の曲を知ることは、やはりできない。

Aficionadoパーティは、確かもう直ぐ20周年。なにかお祝いを企画している?

そう。長い、でも信じられないほど面白い20年間。お祝いは必ずする。もう直ぐ計画をオープンにする。

Paul Hardcastle - Moments in Time

今回のセレクションに選ばれた曲の背景を。

Rishi – Simple Trust

何年も前にPhil (Mison)から貰った、デンマークのニューエイジCDから。彼はそのCDの中の他の曲が好きだった、僕はこの曲の長さを愛している。美しく盛り上がって、かつ長いからトイレの曲として完璧。

David Darling – Cello Blue

ニューエイジを聴いているとき、YouTubeで見つけた。サイドバーにポップアップして、興味を持ったので聴いてみた。アクアチェロの最高峰といえる曲で、僕のリニアなミックスでは、いつもi-dを依頼される。

July Skies – Softest Kisses

短いけど、とても愛らしい。Antonyはいつも、本当にブリリアントな英語の曲名をつける。Dreaming of Spiresのアルバムで最近再リリースされた、少し長めのバージョンも聴いてみる価値がある。

Begin – Names In The Sand 

僕は、驚くような音楽を創る友人に恵まれている。Jim (James Holroyd)は素晴らしい才能の持ち主だ。だから彼の曲は、このコンピレーションに入れなくてはいけなかった。彼からこの曲のデモを3年前に貰ったとき、その日すぐにバーミングハムで聴いた。初期段階のその時代でも、既にブリリアントだった。彼にはもっとリリースしてほしい。莫大な宝ものを持っている。あまり知られていないけど、Jimと僕は7インチを90年代に一緒にリリースしたことがある。あまりにもレアかラビッシュなので、Discogsでさえリストしてない!

FRM – Janne

謎に包まれたスウェーデン人達。Is It BalearicのTimmが、12インチでリリースされたMagmaの始めの方の曲を聴かせてくれたのを覚えている。スペースアウトされたあの音が大好きだ。Aficionadoで彼等の素晴らしいE.Pをリリースできたのは幸いだ。今でも僕のお気に入りのリリースのひとつ。それから今年リリースされたHorisontal MamboというLPもマジで良い。

Blank & Jones – My Island

アコースティックギターについては、かなりのこだわりがある。Piet (Blank)が三月ごろ送ってくれた。当時、コンピレーションはもっと早くリリースされる予定だった。この曲を入れることはエッセンシャルだ。クリスマスに出てくるレコードだけど、見事な夏の曲!

Ben Morris – Gissningsleken

7インチでリリースされたJunk Yard Connections、さらなるスウェーデンの業績だ(FRM参照)。さっきロブはダウンビートと表現していたね。間違いなくメランコリックだけど、ボーカルの音が醸し出す50年代のレトロ感も好きだ。

Gryningen – Från Andra Hand Till Stränderna I Nice (Mike Salta edit)

これは、とても恋しい友人のSibaのために入れた。最初にこの曲の延長バージョンをプレイしたのは二年前で、場所はクロアチアの素晴らしいLove Internationalだった。今でも覚えている。彼女は走ってきて「あんた、あんた、これ私必要」って言うんだ。せっかくレコードに収めたのに、それを彼女と聴くことができないのは本当に残念だ。

 Colorama – Anytime

Carwynは天才。AficionadoでHapus?と凄いBendith E.P.の両方を今年リリースできたのは幸運だった。この曲では、彼はWelsh Burt Bacharachのようだ。

Natureboy – Love Song

Lesley Duncanの “Love Song”は、カバーバージョンを集めている。なぜか判らないけど、あまりにも深掘りしたから今更止められない。Instagramで、僕の中毒度合いが確認できる。このバージョンは、マイクロプレスされたCDでリリースされたから、しっかりとしたレコードで世に出すことが適切に思えた。好きだ。Pink Floyd的な響きがある。

Bombay Hotel – Between Leaves 

90年代にPhilに感化された、もうひとつの曲。最後の最後に追加した。驚異的なNordsø & Theil LPを今年の初旬から何度も聴いている。この曲には彼等も関与している。でもレコードとしては、まだリリースされてない。コンピレーションに入れることができて、とても嬉しい。

Paul Hardcastle – Moments in Time

1985年、ブレックファーストのテレビで、19を初めて聴いたことを覚えている。UKチャートで1番になったばかりで、その時は、僕のマインドを爆破された。32年後、彼の作品の一曲を僕のコンピレーションに入れた。これは跡に出た彼の‘smooth jazz’の化身だ。安っぽいDancing Fantasyのように聴こえるかもしれないけど、僕はこの曲を愛している。

Matt Deighton – Tannis Root

美しいジャズの影響を受けたフォークだ。Mattがこれを収録したときは、Nick Drakeをちょっと聴いていたのかも。いいことだよ。

Swan and the Lake – Waiting for Spring

僕のお気に入りのひとつ、MFDアーティスト。この曲のオリジナルが好きで、Kennethがインタープレテーションを送ってくれたとき、コンピレーションに入れることを即決した。あのギターは、KLFのチルアウトを思い出す。いつ聴いても良い。僕にとっては、今回のLPを完成させる完璧な最後の曲。

Moments In Time Complied by Moonboots is released on CD this week. The vinyl should be in shops after the weekend. Distinctive artwork by the lovely Sarah Salkeld.

Moonboots Moments In Time Artwork

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s